慢性疲労を軽減させるための改善策

多くの看護師たちが、なかなか疲れが取れない慢性疲労の症状に悩まされています。看護師として仕事をしている人たちのうちの約8割に慢性疲労の症状が見られ、悩んでいるといわれています。
多くの場合、慢性疲労は少しの間仕事を休んで十分に休息することで軽減するといわれていますが、看護師はなかなか長く仕事を休むことが難しいものです。長く仕事を休んで休養できないところに日々の疲れがさらにたまっていくので、なかなか改善することが出来ません。慢性疲労が何かの疾患で起こっている場合、慢性疲労を早めに改善させないとその原因疾患を悪化させることにもつながり、慢性疲労自体が悪化すると慢性疲労症候群という病気になるといわれています。また、慢性疲労からうつ病などの精神的疾患を引き起こすこともあります。慢性疲労が長引けば仕事上のミスなども増え、仕事をやめなければならない状態になってしまうこともあるので、早めに改善させる必要があります。
看護師の場合、仕事を長期間にわたって休むことがなかなか難しいので、仕事をしながら改善させなくてはなりません。看護師の慢性疲労を職場で改善させるための改善策としては、次のようなものがあります。

・看護師一人あたりの労働時間を減らす。
看護師の数を増やす、看護師でなくてもできる業務は看護助手に任せるなど、看護師一人一人の業務負担や残業を減らしてあげることが大切です。
・原因疾患がないか調べる
慢性疲労は、貧血などといった疾患から起きることもあります。原因になる疾患がある場合には、早めに原因を治療します。
・精神的ストレスの発散場所を作る
些細なミスも許されない看護師の仕事は、非常にストレスの多い仕事です。心身的なストレスから慢性疲労に発展しないように、ストレスを発散させる場所つくりを推進していくことが大切です。
・職員同士の気付きを深める
早めに気がつけば、短い期間休憩することで改善することもできますが、疲労が蓄積されればされるほど改善するのに長い時間がかかります。周囲の仲間がお互いの状態に気がついてあげることが大切です。早めに気付いて早めに改善させることで、悪化することを防いでいきましょう。

コメントを残す